配偶者ビザ申請コース

バナー2 配偶者ビザ申請コース.png 枠あり 820x220 pink 広島エリア最安水準!.png

 

このような方におすすめのコースです。

 l  日本にいる外国人と結婚したい場合

 l  外国人の方と結婚して、日本に呼びたい場合

 l  日本人と再婚したい外国人の方のビザ変更

 l  自己申請で不許可になった場合 

 

 

国際結婚1.jpg 国際結婚3.jpg

 

 

配偶者ビザ申請・国際結婚コースは、日本人や永住者の方と結婚される外国人の方外国にいる配偶者を日本へ呼び寄せたい方におすすめのコースです。

配偶者ビザ申請では、ご夫婦のなれそめや、それを証明する写真等のプライベートなことをお伺いする必要があります。

行政書士には守秘義務があります。なお、当事務所では、女性行政書士が対応し、お伺いした内容は他人に漏れることはございませんので安心してお話しください。

  

  

 

標準プラン    (報酬額は、全て税別表示となっております)

 

報酬

海外から配偶者の呼寄せ(在留資格認定証明書交付申請)

¥95,000

配偶者ビザへの変更(在留資格変更許可申請)

¥95,000

配偶者ビザの更新(在留資格更新許可申請)

¥40,000

(離婚後の更新は、¥95,000)

不許可からの再申請

+¥35,000

 

 

フルサポートプラン

海外から配偶者の呼寄せ(在留資格認定証明書交付申請)

¥135,000

配偶者ビザへの変更(在留資格変更許可申請)

¥135,000

配偶者ビザの更新(在留資格更新許可申請)

¥50,000

(離婚後の更新は、¥135,000)

不許可からの再申請

+¥35,000

 

 

チェックプラン

海外から配偶者の呼寄せ(在留資格認定証明書交付申請)

¥70,000

配偶者ビザへの変更(在留資格変更許可申請)

¥70,000

配偶者ビザの更新(在留資格更新許可申請)

¥30,000

 

 

配偶者ビザ申請は、立証資料をそろえるのは、申請者側にあります。だからこそ自分で手続きするのは、思いのほか難しく、説明不足で不許可になってしまうケースがあります。

近年、偽装結婚の増加に伴い、出入国在留管理局の審査が厳しくなっています。残念ながら、正真正銘の結婚でも書類不足等で不許可になるケースもあります。

在留ビザ専門の事務所だからこそできる、事案に応じた必要書類のリストアップ、丁寧なカウンセリングによる理由書の作成により、スムーズに進めることができます。もちろん、自己申請で不許可になった案件からのリカバリーも対応します。

必要に応じて、国際結婚のオプションも付けることもできます。

 

 

 

 角丸 2020X324  ORGサービス流れ1.png

 ①   お問合せ (電話orメールでお問合せください。不在の場合は、折返しお電話致します。)

 contact.jpg

 ②   相談・申込 (事務所へお越しいただき、お話を伺ったのちスケジュールやお見積書を提示致します。お申込いただいた場合は、着手金のお支払いをお願い致します。)

 cousul_img01.jpg

 ③   必要書類提示 (後日、お客様にご準備頂く必要書類のリストをお渡しいたします。)

 チェックリスト1.jpg

 ④   必要書類準備 (お客様は、③の必要書類リストに従って書類をご準備下さい。ご不明な点があればお気軽にご相談下さい。)

 書類.png

 ⑤   必要書類作成・申請準備 (当事務所が、必要書類を作成し、申請準備を行います。)

 スタート3.jpg

 ⑥   ご捺印・ご署名 (申請書類にお客様の署名・捺印をお願い致します。)

 申請書1.jpg

 ⑦   申請 (当事務所が、出入国在留管理局にて申請を致します。)

 

 ⑧   結果の受取り (当事務所に、結果が通知されます。許可が下りればお客様には残金を全額お支払い頂きます。その後、お客様には新しい在留カード(または在留資格認定証明書)をお渡し致します。

 visa-ap-approved.jpg

 

※万が一不許可の場合は、無料で再申請させていただきます。

 

 

 

枠あり 820x220 pink 相談無料.png 枠あり 820x220 ブルー 電話絵入.png 枠あり 820x220 ウスミドリ メール.png

 

 

 

 

ありがとう3.jpg