業務内容

種類

秘密証書遺言

・遺言者が署名押印した書面を封印し、公証人と証人2名に、その封書が自己の遺言書であると申述する必要があります。

・自筆証書遺言と同様に、相続開始後には、遺言書の検認手続きが必要です。