業務内容

種類

自筆証書遺言

・遺言者が全文、日付および氏名を自署し、押印し作成します。

・用紙の制限はなく、いつでも簡単に作成でますが、偽造や変造、破棄の恐れがある点に注意が必要です。

・相続開始後には遺言書の検認手続きが必要です。